あいうえおうさま あらすじ

aiue_ousama_list
あいうえおうさま
寺村輝夫文 和歌山静子絵
杉浦範茂デザイン
理論社 1997(1979)
〔46〕p 23× 1 9cm
〔程度〕幼児
定価 本体854円(税別)

【「あいうえ おうさま/あさの あいさつ/あくびを あ
んぐり/ああ おはよう」赤い服の王様が大きな口を開けてあ
くびをしています。点景にあざらしがいます。ありが飴を運ん
で、 雨も降っているようです。「わんばく た)がまま/た)から
ずや/わざと わすれる/わるい おうさま」王様はひっくり
返って駄々をこねています。ワーンと泣いているのでしょうか。
わしが上の方からにらんでいますよ。】
すでに長い間読みつがれて来た「ぼくは王さま」シリーズの
絵本です。愉快で無邪気な王様の行動をあいうえお順に、こと
ば遊びでつないでいます。親しみのあることばがリズミカルに
組み合わされています。王様は、笑ったり、驚いたり、困った
り、照れたりします。その変化に富んだ表情が、黒い太い輪郭
の、様式化された絵の中に、簡潔に描きわけられています。何
と興味つきないチャーミングな王様でしょうか。この一冊で王
様のキャラクターの全体が浮かび上がってくるようです。そこ
にはのびやかな子供の原型があります。各頁には、鳥や花や虫
や動物達が、王様と遊んでいたり、勝手にすきな事をしたりし
ています。ことばと文字との関連を一つ一つ探していくのも楽
しいものです。
ずっとコンビを組んで来た、作家と画家とに、デザイナーが
加わって、画面の大胆な配列と色指定をしたというだけに、配
色の斬新さが際立っています。絵遊び、ことば遊び、それに、
色遊びの楽しみも盛り込まれ、何度繰り返し見ても、尽きない
楽しさです。あいうえお絵本の中では出色です

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com