いやいや期 気もちが和らぐお勧め絵本

いやいや期 気もちが和らぐお勧め絵本

イヤイヤ期といえばだれでも通る初めての反抗期。自我が芽生え、成長に必要な過程…そうは言われても子育て中のお母さんお父さんからしてみれば「こっちがイヤだ!」と言ってしまいたくなりますよね。

そんなイヤイヤ期を絵本で乗り切る、といえば言いすぎかもしれませんがイヤイヤ期の心に響く絵本を読み聞かせてあげてはどうでしょうか。

「いやだ いやだ」
作者・絵 せなけいこ

あらすじ

いやだいやだ。なんでもすぐにいやだっていう主人公の女の子。おやつも、おひさま、靴までもいやだいやだって言ったら、どうするのかな?

「ふうせんねこ」
作者・絵 せなけいこ

あらすじ

かたづけるのいやだ いもうとに優しくするのはいやだ かってくれなきゃいやだ とネコさん。顔をぷううっとふくらませてたら…なんとお空に飛んでいってしまったの! こんな時どうしたらよかったのかな?ママやパパと一緒に考えることのできる絵本です。

「ごきげんななめのてんとうむし」
作者・絵 エリック・カール

あらすじ

ごきげんななめのてんとうむしは、1時間ごとに自分よりも大きな生き物にケンカを売ります。いばりんぼうのてんとうむし。喧嘩の行方はどうなるのでしょう?仕掛けの最後には迫力のある展開が待っています。

「シャンプーなんてだいきらい」
作者 アンバースチュアート

かわいらしいウサギの絵本。好き嫌いのはっきりしたウサギの子。大嫌いなことはシャンプーすること!あの手この手で防ごうとする姿が面白くわがままなウサギの子がパパのひとことで成長することができるお話。

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com