おじいちゃんだいすき あらすじ

おじいちゃんだいすき

WS000467

子供の本の中には、それでひとつのジャンルができるくらい「おじいちゃん」「おばあちゃん」が出てくるものがたくさんありますが、おsれもおじいちゃんと男の孫、おじいちゃんと女の孫、おばあちゃんと男の孫、おばあちゃんと女の孫、というパターンに分けてみるとなかなか考え深いものがあります。

 

たとえばおじいちゃんが巣人工のものは、ほぼ例外なくその人は単なる「おじいちゃん」ではなくて一人の個性的な個人ということが多いのです。

たとえば「おじいちゃんだいすき」のおじいちゃんは、おじいちゃんがくるから行儀よくするんですよとお母さんに言われて、男の子がふあんいなっていたのに、一緒にソファーの上で跳ねるわ、クッキーのくずをボロボロこぼすわ、ちっとも緊張しなくていい人だったというお話です。一緒に遊んでくれる大人って嬉しいですよね。

 

 

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com