こぐまくんのハーモニカ あらすじ

こぐまくんのハーモニカ

WS000463

こぐまくんのハーモニカ。このこぐまくんのお父さんは有名なハーモニカ奏者で、小熊君はもちろんお父さんのハーモニカが大好きだったし、国中の人がお父さんの演奏を聴こうと集まってくるのをみて、誇りにも思っていました

 

というわけで、ある時お父さんが、小熊君ようのハーモニカをくれたときには、こぐまくんは有頂天になり一生懸命練習して上手にふけるようにもなったのでうs。

 

でもそうしたらお客さんたちはたいてい、おとうさんそっくりね、とかおとうさんのようになるんでしょ。というではありませんか!

諸ぅt区で吹かなくなってしまったこぐまくんに対するこのお父さんの態度は、実に適切でさすが一流奏者!

なのでこの話が理解できるお子さんが近くにいたらぜひ一度は読んであげてほしいと思います。小さくてもわかる人にはわかる。

大きい人でもわからない人にはわからない。。。という本ではあると思います。

 

 

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com