ふしぎなたけのこ あらすじ

WS000357

ふしぎなたけのこ あらすじ

【山奥のそのまた奥の村。たけのこ掘りを頼まれた太郎は、
土を押しあげ、にょっきりはえているたけのこを掘ろうとしま
した。すると、たけのこは太郎をのせたまま、雲をつき破り大
空にぐんぐんのびてゆきます。村人たちはびっくり仰天、たけ
のこを切り倒します。たけのこは太郎を乗せたまま、はるかか
なたに倒れていきました。村人たちは、たけのこ伝いに「太郎
や―い」と一斉に走ります。そして村人のたどりついた所は海
でした。
たけのこが唯一のごちそうだった山奥の小さな世界しか知ら
なかった村人たちは、未知の世界の海を発見し、新しい営みを
知り、幸福になりました。】
民話風の語り口と、太郎や村人たちの表情やたけのこの躍動
ぶりを見せる巧みな絵とにより、未知の世界に目を開かれた村
人たちの仰天ぶりが楽しく表現されています。横長の絵本の特
長を生かし、絵巻の展開を絵本に再現した構成は、ページをめ
くるごとに期待感と充足感をもりこんで、その意図を見事に成
功させています。また、村人の群f_2のでき栄えは秀逸です。
カラーページとモノクロページとの調和を通じて、たけのこ
の勢い、村人たちの滑稽な表情、天空を駆けるたけのこにしが
みつく太郎の姿に、子どもたちは小さな胸をはずませるのです。
そして海を知った村人たちのとまどいと、新しい生活の糧を獲
得した喜びとが交錯し、村人たちに豊かさをはこびこんだ、ふ
しぎなたけのこに心からの拍手をおくります。

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com