ウィリーはとくべつ あらすじ 絵、作ノーマンロックウェル

ウィリーはとくべつ

WS000462

この絵本はクリエイターが主人公の絵本です。

この「ウィリーはとくべつ」はアメリカではまぁ知らない人はいないだろうというほど有名なイラストレーター

ノーマンロックウェルがたった一冊書いてくれた絵本です。

 

ウィリーはツグミ「とりの中でも一番歌の上手な小鳥」でしたが、昔から変わらない歌をそのまんま歌うべきだというお父さんに耐えられなくなり近くの森に家出してしまうような変わりもののツグミでした。

 

そして森のそばの家に住んでいるポリーさん(人間)のフルートに合わせて歌っているうちに、自分で新しい歌を作曲して歌うことを発見したのでうす。

ウィリーは自分の才能を発見したのでした、。これは才能というものはどういうものか、天災であるとはどういうものなのか、について書かれた話なのです。

 

 

 

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com