妙にこだわる 2歳児の育児

妙にこだわる 2歳児の育児

よく切るものや靴が、これでなくちゃダメだということがあります。自分というものがようやくわかり始めたところで、その自分の属性の一つに着る物や靴まで入っているんですね。

靴がそれでないと、自分ではなくなるような気がしているのでしょう。

自分がしぅt狩りで来てしまえば、着るものなどには左右されないとわかるので、こだわったりもしなくなります。ただ、その子供の個性もあります。丁寧な子、きちんとしたい子供などはこだわりがちですが、程度は少しずつ変わっていきます。

たとえば、自分が男の子か女の子かがちゃんとわかるのは四歳近くですがその前あたりだと男の子が女の子のものを運と嫌がったりします、自分を確立するまでは自分であることを脅かすかもしれないものには、到底ついていけないという気持ちでしょう。逆に自分を支えるものには異常にこだわったりするのです。

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com