子供 アレルギー体質 卵 牛乳 

アレルギー体質の赤ちやんは、4~ 5人にひとりはいます。
「抗原」が体の中に入つてきたとき、反応するのが「免疫グロブリン」です。
両方がぜんそくを患つたことがあつたり、またともに花粉症で苦しんでいたりして、アレルギーの傾向が強いと、子どもも高い確率でアレルギー体質になることが知られています。
アレルギー体質であつても、抗原によるアタツクがなければ、アレルギー症状はおこしません。
説では、まずはじめに抗原の代表は、卵だとされています。
卵のたんぱく質はアレルギーをおこしやすく、卵から牛乳へとか、卵から大豆へ、などといつた一連のアレルギー(これをアレルギ丁マーチといいます)が始まるきつかけをつくるのだといわれています。
お母さんが卵を食べると、アレルギーに関連した物質がおっぱいの中に出るともいわれています。
それを飲むことで、赤ちやんの時期からアレルギー症状をおこすというのです。
お母さんは、妊娠中から卵を控えたほうがいいという専門家もいます。
それで全員にアレルギーがなくなるということではありませんが、確かにある程度アレルギーが出るのを防止する効果はあるようです。
配なお母さんは、卵を食事から除き、リアレルギーをおこしやすい牛乳は沸かして飲むなど、日常生活でできることにはほうがいいでしょう

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com