子供 尿・便の異常 下痢のときの手当て 危険な時

WS000170

本格的な下痢の場合は、原因として多いのはウイルス感染による胃腸炎です。細菌感染やアレルギー、消化酵素不足などで下痢をすることもあります。母乳を飲んでいる赤やんのみずっぽい弁は食欲があって元気なら問題ありません。

便秘は、授乳や食事の量が少なかったり、繊維質が不足していたときにおこります。また消化管に障害があって内容物が通貨しなかったり、排便を嫌がってがまんしているうちに便秘がちになることがあります。
★緊急の症状かチェック★
尿
・熱があって、尿が赤いまたは濁っている。
・尿の量が減り、元気がなく、足や顔がむくんでいる
・排尿時にぐずって泣く

便
・便が赤黒い(トマトケチャップに近い)
・かたい便の周りに鮮血がついてる
・便の色が白い
・下痢をする(普段より回数が多いなど)
★家庭でできるケア・手当★

★下痢のとき
水分補給
脱水を防ぐためにイオン飲料や湯ざまし、麦茶などを与える。牛乳は避けたほうがよい。

ミルク・食事に気を配る
母乳は与えても差し支えない、ミルクは下痢がひどい時は半日ぐらいやめてイン飲料にするか、通常の半分ぐらいに薄めたものをあげる。(医師の指示に従ったほうがよい)

食事は離乳食の進み具合に合わせながら、書状が非常に重い時は野菜スープなどにとどめて回復の様子をみまもりながら、おかゆ、とうふ、白身魚、野菜などの消化がよいものを与える
★便秘の時

繊維質の多いものを与える

離乳食の進み具合に合わせ、繊維質の多い野菜やイモ類、ヨーグルトやバター・マヨネーズなどを与えるようにする。パイナップルやプルーんなども便秘に効果がある。

ジュースや糖分を与える
かんきつ系のジュースや砂糖水などは便を軟らかくする効果がある

薬で治療する
食事に気をつけても症状が改善しないときには内服薬や浣腸などで治療する。(医師に相談する)

 

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com