子供の習い事 演劇を習うのはいつから

20130731juliuscaesar01
■情緒が豊かになり身体的にも鍛えられる■
役者は頭の中でイメージした役柄を声、動き、表情などの全身の機能や器官を使って表現します。

舞台で演じるために派発生練習、声楽、モダンダンス、クラシックバレエなどのたくさんの訓練をしますから、子供の個々rおと体の発達に合わせて始めることができます。

また演劇は多くの仲間とひとつになり、つくりあげるものですから、ひとりひとりが分担された役割を責任をもって行い協調性を養うこともできます。演劇は、総合的な芸術であり、情緒が豊かになり身体的にも鍛えられていきます、引っ込み思案だった子供が積極的になるなど人間形成にもとても好影響を及ぼします。

■始める時期

3歳になったら検討を

演劇の場合個人指導はまずありません、劇団付属の養成所に入り、そこで声楽、ダンス、歌などいろいろなことを習います、演劇を始める時期に早いお遅いはありませんが、養成所の多くが3歳からの入所を受け付けています。3歳になったら考えるとちょうどいいでしょう。

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com