子育て・子供が何を考えているのかわからない

WS000470

今、子供の気持ちがわからないという親が増えています。その多くの親がこどもとの以外なトラブルに出会って仰天し、気分の創造とはまったく異なる思いを抱くわが子にショックを受けたりしています。

実はこうした子供が引き起こす予想もできない事態の多くは親子の「本質」つまり「性格」の違いによって生まれるのです。

 

親は自分が良かれと思って子供にさまざまな働きをかけます。一方子供はそうした働きかけを、親の意思とは異なったものに受け止めます。

かくして「わが子なのだから、自分と同じ本質や価値観を持っているはず」と考えがちなお母さんはどうして自分の子なのに思うようにならないのだろう、いうことを聞いてくれないのだろうと、わが子の「好ましくない部分」にいら立ちや不快感を抱くことになるのです。

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com