家庭での病気のケアのポイント 発熱、せき、嘔吐、下痢や便秘、発疹

 

発熱、せき、嘔吐、下痢や便秘、発疹などは、赤ちゃんに比較的よくみられる症状です。
具合が悪そうなときは、病院へ連れていくことはもちろんですが、症状がひどくなければ、
医師の指示に従いながら、家庭で看護することになります。また、夜間に具合が悪くなつ
たときなどは、お母さん自身が判断をくだしながら様子を見守ることになるでしょう。こ
こでは一般的な症状についての、基本的なケアのポイントについて説明します。

WS000147

熱があるとき
体温計で測つてみて、平熱よりも高いときは、ほかの症状もあわせて観察しながら、今すぐ病院へ行く
かどうかの判断をします。ただし、3か月くらいまでの赤ちゃんの場合、38℃ 以上の熱があるときは、
大至急医師に診せる必要があります。
熱が出たときは、熱の発散をさまたげないように、衣類やふとんは薄めにし、室内は寒くない程度に暖
かくしておきます。

赤ちゃんの平熱

体温は普通、朝は低めで、午後は高めです、また平熱はかなりの個人差があるものです。
赤ちゃんが元気な時に、できれば2,3日続けて朝昼夜と体温チェックをして赤ちゃんの平熱を知っておくといいでしょう。

■赤ちゃんの正常な体温

脇の下で図った場合(36.3~37.4℃)

平熱より1度以上高い時は熱があると考えられますが、赤ちゃんには病気でなくても体温が上がることがあります。必要以上に厚木をさせられたり、熱い場所におかれたりするとすぐに体温が上昇します。また、食後や運動の後に体温が高めになるのは大人と音字です。ねつがあるのに元気だというようなときにはしばらく時間をおいて図りなおしてみるといいでしょう。

 

 

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com