小さな小さなきつね あらすじ

WS000344
小さなちいさなキツネ あらすじ

【オハナの家は大昔からくだぎつねのついている家でした。
くだぎつねは小さな小さなキツネの神さまで家の守り神です。
これを聞いたオハナは自分の家の願いだけがかなえられればい
いとする両親の言葉に疑間をいだき、キツネに会って真相をた
だします。するとキツネは、オハナの両親が勝手に信仰して供
物を供えるので困る、自分はキツネらしく山野を駆けまわって
暮らしたいと告白するのでした。オハナはキツネの告白を両親
に話しましたが信用してもらえませんでした。】
土俗的な信仰が、経済的利己主義に結びついて生きている社
会では、正義感のある子どもの発想は新鮮なひびきをもちます。
子どもは自分だけ得をしようとするおとなを批判するとともに、
遊びたいのをがまんして人助けをしようとして足に怪我をする
小さなキツネに同情をします。そして、オハナについては、心
のやさしい子どもだからこそ、正l邪をヤまっきり見分けられるの
だという感想をもちます。家の守り神に対する信仰といった根
づよい慣行にたいして疑間を投げかける子どもの心理は、新し
いものを発見し、より正しい立場に立って行動しようとする心
を励ますことになります。また、勝手に人に利用される者のよ
うすを軽いユーモアで風刺しているところは、子どもたちに自
立することの大切さを気づかせます。
絵は不透明水彩で描いて、物語の雰囲気を生かしています。
また、見開きページの左右の使い方には絵の害J付けの効果を考
えた思いきった工夫がなされています

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com