新生児 乳児 ばい菌、カビ、お外で ペットの注意

小さい子供が家にいる場合、今まで大人だけでの生活では気にしていなかったいろいろな場所が汚く見えてしまい神経質になってしまうお母さんも多いでしょう。あまりに神経質になりすぎは赤ちゃんにもお母さんにもストレスになってしまいますが、かといって気にしなさすぎも、もちろんよくありません。どこに、どんな菌がいて、何気をつければいいのかをしっかり把握することで、赤ちゃんの安全を守ってあげることが大切です。

掃除を怠ると、カビなどもなります。
赤ちゃんの国に入るもの、特に哺乳びんなどは清潔に気をつけないといけません。
病原性大腸菌などは、下痢を引きおこします。
赤ちゃんがはいはいするようになり、あちこちさわつた手を国の中に入れたり、何でもなめてみたりするようになつたら、これはもう、どうしようもありません。
幸い人体は、その時期までには、バイ菌に対する抵抗力も与えらえるようにできているので、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。
おもちゃなどは、汚くなつたらきれいにふくなどして、一般的な清潔を心がけます。
カンジダというカビが回の中に生える鷲口麿(がこうそう)にかかつたときなどは、まめな消毒が必要になります。
せつかく治つても、カビがついたままのおもちゃなどをなめると、またかかつてしまうこともあるので、国に入れおもちゃは、ジャバジャバ洗えるものがいいでしょう。

▼外出時
家の中なら危険なものを始末することもできますが、外ではそうもいきません。
子どもが自分で身を守れるようになるまでは、そばにいる大人が気をつけてあげないといけません。
フンが砂場で赤ちゃんを遊ばせるのも、やめたほうが賢明です。
小鳥にもクリプトコッカスとい寄生虫や、肺炎をおこす病原体などがひそんでりします。

WS000128

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com