新生児 乳児 薬の飲ませかた 

日光や湿気を避け、高温にならない所に保管しておきます。
薬を常備すると、誤つて使つたりすることにもなるので、おすすめできません。
内服薬としては、解熱剤と整腸剤があればいいでしょう。
整腸剤はビフィズス菌を固めたものなら、下痢でも便秘でも、使えます。
救急用品に入つていないことが多いかもしれませんが、赤ちゃんの回や耳の中を見たりするときに、あると役に立ちます。
座薬
赤ちゃんの場合、なるべく吐いたりすることのないように、授乳や食事の直前に与えたほうがよいでしょう。

清潔な指先にペースト状にした薬をつけ、上あごやほおの内側に塗りつけてから、湯ざましなど(砂糖水、ジユース、その他)を飲ませる。

 

●粉薬 水薬 座薬

赤ちゃんの場合、なるべく吐いたりすることのないように、粉薬や水薬は授乳や食事の直前に与えたほ
うがよいでしょう。医師から与える時間を指示されているときは、もちろんそれに従つてください。

WS000137

■粉薬
位置に敵ぐらいの水かぬるま湯を加えて練ってペースト状にする、あるいは、少量の湯ざましに溶かして水薬のようにする。

清潔な指先にペースト状にした
薬をつけ、上あごやほおの内側に
塗りつけてから、湯ざましなど
(砂糖水、ジユース、その他)を飲
ませる。

WS000141

■水薬(シロップ)
びんの目盛りで正確に測りなが
<スプーンで>
1回分の量を一度に与えるとふ
き出すことがあるので、数回に分
けて与える。スプーンに測りとつ
た1回分の量の半分を、もう一つ
のスプーンに分け、2回に分けて
与える方法もある。

WS000140

■座薬
いやがってひどく泣くよう
なときは、とがつているほう
にワセリンや薬用オリーブオ
イルなどを塗ると、無理なく
入る。オイルなどが手もとに
なかつたら、睡)夜を使つても
かまわない。

WS000142

WS000143

とがつた先のほうから入れ、
しばらく肛門を押さえる。

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com