新生児 乳児の嘔吐 家庭でできる手当 緊急かどうかの判断

WS000176

赤ちゃんの嘔吐は消化器系の感染症(下痢や嘔吐)にかかった場合や消化器官になにかしらの異常(幽門狭窄症)があって食べ物がうまく通らない場合に多く見られます。

また風邪のような全身症状をともなう病気に感染隊と気も胃の調子が崩れてはくことがあります。吐いたときは原因となっている病気の治療を早く受けて家庭では脱水症状にきをつけ水分補給などに気を配りましょう。

★手当★
・顔を横に向ける

はいたときに体うぇお起こすとはいたものが誤って気管に入りやすくなってしまうので、顔を横向きに寝かせてあげましょう。ただし胃の入り口がゆるくて授乳のときや、授乳後にはく場合は抱くなどして体を起してあげたほうがはきにくくなります。
・水分を補給する
何度も嘔吐するときは医師に相談し手口からの水分補給の許可がdふぇたら脱水を防ぐためにイオン飲料、麦茶、りんごジュースなどをすこしずつ頻繁に与える 水分補給を第一に考えて、食事は食べられるようになってから消火の良いものを与える。
(オレンジジュースは逆に嘔吐を誘発する可能性があるので酸味のある飲み物はやめましょう)
・口の周りなどをふいてあげる

おう吐したものが口の周りに就いたままになっていると、後でかぶれることがあるので、きれいにふき取る。衣服や寝具についてはすぐに取り換えてあげましょう。
※注意※
頭部の外相や毒物の誤飲ではくことがあります。
頭を打った後で吐いたときは、すぐに病院へ連れて行ってください。

毒物や遺物を誤って飲んだばあいも緊急の処置が必要
★嘔吐と病気

授乳後にダラーっとはいたりげっぷやせきといっしょに吐いたのであれば、生理的なものであり、心配はありません。刷いても機嫌が良ければ問題がないことが多いです。
ただし全身状態がわるく、ぐったりしている・機嫌が悪いなどの時は緊急をようする病気の場合があるのですぐに病院に診察してください。

 

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com