新生児 乳児の生活環境 気をつける事 

新生児 乳児の生活環境 気をつける事

新しく赤ちゃんが来た家庭では何もかもが今まで通りにとはいきません。お掃除においても気をつける事があります定期的な掃除をする場所のポイントをとらえることで赤ちゃんに住みやすい環境を作りましょう。

▼寝具

汗つかきの赤ちゃんのふとんは湿つぼくなりやすいので、こまめに日に当てることが大切です。
皮膚が特別デリケートな赤ちゃんの場合には、ほこりつぽいふとんに寝かせるのもあまりいいことではありません。

▼お掃除赤ちゃんが寝ているお部屋で掃除機をかけるのは、あまり感心しません。
掃除機をかけるときは、赤ちゃんに一度別の部屋に移つてもらい、かけ終わつてしばらくは窓を開けたままにして空気を入れ換え、それからお部屋に戻つてもらうほうがいいでしょう。
ゴミだけスッスッと掃いて、後はきつくしぼつた雑巾で畳でも床でもしつかりふいたものです。
手間はかかりますが、赤ちゃんがお部屋にいるのなら、まず大きなゴミをひろい、次にふき掃除、というのがいちばんよい方法ではないかと思います。

▼冷暖房

冷暖房器具を使うときには、注意が必要です。
赤ちゃんをクーラーの風が当たる場所においたりしたら、体が冷えすぎて具合が悪くなつてしまいます。
くらいならかまいませんが、まつすぐ当たる場所にずつとおけば、死亡事故にもつながりかねません。
住宅事情なら、あんかなどは本当に寒いとき、ときにはずすくらいで十分。
加湿器を使用するときは、たまつた水が汚れたり、吹き出し口にカビが生えたりすることのなうに、清潔に使用しましよう。

WS000127
 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com