新生児 赤ちゃん 入用を避けるとき

高熱があつて体力を消耗し切つ
ているようなときは、おふろに入
るとよけいくたびれますから、さ
し控えましよう。
少しくらい熱があつても、元気
なら、ちょつと気をつけるだけで
入れてあげることができます。
赤ちゃんが肌寒く感じないよう
に、浴室の気温は十分に上げてお
いてください。お湯の温度は体温
になるべく近くしてあげると、体
に負担がかかりません。あとは手
早く体を洗い、よく水分をふきと
つてあげれば、それほど疲れさせ
ないですみます。
赤ちゃんはおつぱいを吐いた
り、おむつをぬらしたりして皮膚
が汚れやすく、新陳代謝も盛んで
す。できるだけ毎日、おふろに入
れてあιずてほしいと思います
それができないときは、お湯に
浸したタオルにせつけんをつけ、
全身をふいてあげます。最後は十
分にすすいだタオルを使つて、せ
つけん分が残らないようふきとり
ます。おしりは洗面器にお湯を入
れ、ジャブジャブ洗つてあげまし
よう。

WS000000

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com