発達障害の特徴を持つ“健常例”が増えている。

WS000056

種類別にみると、割合は、調査ほど低下している。
割合は、文部科学省と調査に比べて、福地の調査では低くなっている。
割合が低くなる傾向は、通常学級で「発達障害のある児童・生徒」が減少したことを反映しているのだろうか?または、発達障害の概念や知識の普及に伴い、通常学級の教師も発達障害に関心を持つようになり、児童・生徒の状態を把握する力が向上したことを反映しているのだろうか?あるいは、概念や知識の普及と相まって、保護者の障害の理解や受け入れが高まり、特別支援学級や特別支援学校への在籍を希望する者が増加した結果、減少したのであろうか?それとも、調査対象の範囲の違いや偏りによるものであろうか?

・教育現場で感じる臨床的な印象
前述の実態調査の結果から、「発達障害のある子が増えているか」を結論するには、さまざまな要因が絡み合い、現段階では難しい。
実感(印象)からは、発達障害の“境界例”、あるいは発達障害の特徴を持つ“健常例”が増えてい
るように思われる。これらの実感は“真”であろう
か?あるいは、発達障害の概念の確立と普及、また
発達障害の診断基準の変化や乱用によって、偏って
拡大された“偽”の実感であろうか?結論するには、
判断材料が不足している。今後の実証的な研究が必
要である。以下に、教育現場で感じる臨床像を述べ
るが、“真”か“偽”かの問題意識を持って、各自
に考えてもらいたい。

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com