赤ちゃんの興味と学習にはふつうの感覚が大切

赤ちゃんにとつては、すべてのことが遊びといえば遊びです。
人間や自然とのコンタクトも遊びか学習を積んでいきます。
大人が遊びを考えてあげなくても、何かを見れば興味を示して、いろいろなことをしてみます。
親であるあなたにとつては、赤ちゃんはいろいろなことをしてみせてくれるおもしろい存在、ということもできるでしよう。
親は、危ないこと以外は、赤ちゃんの一挙一動を楽しく見守つてあげればいいのです。
かまえて遊ばせてあげないといけない、というものでもありません。

一緒に楽しむ生まれたばかりの赤ちゃんの体の構造は、それなりに気をつけてあげないといけないものです。
危険を感じたり、恐怖心を覚えても訴えかけることができないうちは、この程度は大丈夫と思つても、大人の力加減で無理な遊ばせかたをしないほうがいいでしょう。
最初の2~ 3か月は、おむつがえや授乳のときに話しかけてあげることが、ちょうど適当な遊びになるのです。
キヤッキヤッと本人から働きかけてくるようになつたら、あなたの赤ちやんがどんなことで喜ノζミか、見つけてあげてください。
ことで赤ちゃんとお母さんが楽しくなれれば、それがいい遊びの方法なのだと思います。
遊びかたはろいろあります。

WS000121

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com