赤ちゃん言葉 舌たらずな言葉を大人が合わせてまねする必要があるのか?

赤ちゃん言葉 舌たらずな言葉を大人が合わせてまねする必要があるのか?
赤ちゃんの頭の中で、ニャーと鳴く生き物と「ネコ」という言葉を一致させるのは難しくても、「ニャンニャン」という言葉ならさほど難しくないようです。
ネコがやつてきたときに、「二ャンニャンだ一」と赤ちゃんが言えば、お母さんも「ああ、ニヤンニャンね」と言つてひとつのコミュニケーシヨンが成立します。
言葉同じ赤ちゃん言葉でも、お母さんのことを「おかあたん」と言つてあげたり、自動車のことを「じどうちゃ」とわざわざ言つてあげる必要はありません。
と言つているように聞こえたりするのは、発音が上手にできないためで、本人は言つているつもりなのです。
赤ちゃん言葉で話しかけていると、赤ちゃんはそれを正しい言葉として覚えてしまうことがあります。
上手に発音できない時期に、無理に赤ちやん言葉をなおさせる必要はありませんが、大人が正しい言葉を語りかけて、きちんと理解させることには、それなりに意義があります。
WS000122
 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com