1歳~3歳 子供の才能を目覚めさせる遊び

 

子供の才能を伸ばすのは親の仕事。できるだけわが子には才能豊かに育ってほしいと願うのも、親の当然の願いですよね。

では、どういう「遊び」をしたら子供の持つ能力を伸ばしてあげることができるのか…。

現代の子は1歳や2歳のうちからすでにスマホのアプリで遊べたり、ゲームをしたり、DVDをみたりとと電化製品をつかった遊びをしている家庭が多いですが、能力を目覚めさせるには、昔ながらの遊びが一番効率がいいといわれています。
「ティッシュ遊び」
「お馬さんぱかぱか」
「いないいないばぁ」
「ぬいぐるみあそび」
「くすぐり遊び」

など、の遊びは子供の発想力や創造力を磨き、体力・筋力をつけるために役立ちます。

単純に遊ぶだけではなく、関係性を作りながら遊べば、ストーリー性を持った遊びになり「次は何をしようかな?」と子供の発想がより豊かになります。
昔から親しまれている遊びは子供と親のコミュニケーションもとれる素晴らしいものなのでぜひ、外にでて存分に遊ぶことのできない日などは、家の中でこういった遊びを楽しんでみてください。

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com