1歳~3歳 子供の表現力・想像力を伸ばす遊び

soundcar2

子どもにとって、遊ぶことは生活のすべて。
体を動かしたり、頭を使ったり、心で感じたりしながら、
いろいろなことを学んで成長していくのです。
ということは、遊ぶための環境や道具は大切なはず。

走り回る、友だちと協力する、挑戦する、考える……。これはすべて”遊び”に含まれる要素。子どもは遊びを体験しながら、対話力や社会性を身につけたり、知恵を会得したり、親の愛情を感じて、自立した健全な大人に成長していくのです
■よく考えられた質の高い遊び道具を選んで、楽しく自由に、繰り返し遊ぶようにしましょう。■

買っても損をしない玩具選び

●積み木
積み木は遊びの原点と言われています。並べたり積み上げたり崩したりしながら数や形を学んでいく基礎になります。
●楽器(シロフォンなど)
子供に楽器のおもちゃや楽器を与える場合は正確な音程を奏でることができることが重要です。音程の外れているものはおすすめできません。

●ルーピング
ワイヤーにビーズがとおしてあり、それを動かすおもちゃです。百貨店などでもよく見かけますよね。指先の機能や目の機能が発達するといわれています。

●オーボール
月齢の低い子供にお勧めのボール。赤ちゃんも簡単につかむことができます。洗える事と、あたっても痛くないなど赤ちゃんがつかっても安全な要素がたくさん考慮されたボール

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com