ADHDとPDD要素のある子供の診察が増加している

ADHDとPDD要素のある子供の診察が増加している

WS000067

2歳以下と18歳以上の初診患者割合の低下は、低年齢では気づかれない、あるいは、当クリニックで原則的に16歳以上の初診を受け入れていないMRがない発達障害、境界域の初診割合が増加したことによると推測される。
はADHDと、境界域、すなわちPDD要素あるいはADHD要素をもつが明らかな障害とはいえない例の受診の増加が確認されたが、その要因につき、さらに考察してみたい。
診断を受ける子どもや支援を受ける子どもは確かに急激に増加したが、対象となる子どもたちの増加はそれ以前からあった。
受診に至らないが同様な特徴をもつ子どもが少なくなく、教育現場などでは混乱が生じていて、症状が著しくない子どもも適応障害を起こしやすくなっている可能性がある。
そのような変化を起こす要因は遡って考える必要があるが、環境の変化を考えると、子どもたちの変化を引き起こす様々な要因が浮かび上がる

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com