発達障害

発達障害の多様化への対応

特別支援学校知的障害教育校の在籍者のうち増加 しているのは、比較的障害の軽い生児童生徒である。 一方、比較的障害の重い児童生徒もこれまでどおり 在籍している。したがって、特別支援学校の障害の 多様化は進んでいると考えられ…

 

発達障害の特徴を持つ“健常例”が増えている。

種類別にみると、割合は、調査ほど低下している。 割合は、文部科学省と調査に比べて、福地の調査では低くなっている。 割合が低くなる傾向は、通常学級で「発達障害のある児童・生徒」が減少したことを反映しているのだろうか?または…

 

医療機関における発達障害関係の状態

1日はじめに発達障害の増加という問題をどのように考えるか。 これが医療面調査委員会の共通課題であり、精神科臨床の立場からこの問題について考察を加えることが本研究の目的である。 精神医療という観浪1点からこの現象を捉えるこ…

 

医療機関における発達障害関係の状態 まとめ

今回提示したデータは、発達障害問題に関する精神科臨床という視点からの定点観測である。 入院に関しては、発達障害を併発する児の率は確実に増加している。 認められるのは、高機能PDDの増加であるが、これが単純に発生の増加を意…