プレママ1カ月[妊娠0~3週]

■排卵の有無を知りたい時は基礎体温を

一般には週1~2回のペースでセックスしている夫婦であれば、かなり厳重に避妊していない限り、妊娠する可能性はおおいにあります。

一方で、「毎月の月経は流産」といわれたりします。というのは、受精卵が子宮へ届くことは、実はよくあること!ただし、子宮のふかふかベッド(子宮内膜)にもぐりこもうとしてうまく着床できずに、妊娠しないことも多いのです。女性(母体)が何も知らないままに、妊娠しかけて流産している状態で、これは「ケミカルアボーション(科学的流産)」とも呼ばれます。

いずれにしても、妊娠1カ月では妊娠かどうかはまだわかりませんが、排卵があったかどうかを知りたい人は、月経開始日から基礎体温を毎朝つけるといいでしょう。排卵は普通、月経開始から2週間たったころで、排卵があれば基礎体温は高くなりますし、妊娠するとそのまま高温が続きます。

■微妙な体調の変化が起こることも

妊娠が成立するのが妊娠3週ごろなので、妊娠1カ月ではまだ妊娠の自覚はほとんどありません。でも、妊娠をすると、女性の体の中では、hCG(ヒト絨毛[じゅうもう]性ゴナドトロピン)やプロゲステロン(黄体[おうたい]ホルモン)がたくさん出てきます。

そのため、次の月経がくるはずのころに、「何か今までと違う体調の変化」に気がつく人もいます。あくびばっかり出て眠くなったり、なんとなくだるくて熱っぽい感じがしたり、朝起きておなかがすいている時に軽い吐き気を覚えたり……。これらは、妊娠による体の変化がサインを出しているのです。

■葉酸を積極的にとりましょう

葉酸はビタミンB群に属する水溶性ビタミンです。葉酸には、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低減する働きがあります。このため、妊娠前から妊娠3ヵ月までの間、葉酸を豊富に含む食品、または栄養補助食品を積極的にとるように勧められています。まだ飲んでいない人はこれから飲みましょう。栄養補助食品で葉酸をとる場合は1日量0.4㎎で十分。摂り過ぎないように注意しましょう。
 薬剤やX線などの影響で、胎児の器官形成に異常が起こることがあります。妊娠3週(受精から2週間くらい)はまだ心配ありませんが、妊娠4週以後、影響が心配になります。薬を飲んだり、X線検査を受ける必要がある場合には、妊娠の可能性があることをきちんと医師に伝えましょう。

 
薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)